オメガ3欠乏症の原因と症状

MENU

オメガ3が人の体にどう役立っている?

オメガ3脂肪酸が、体には必要なもの、という認識があっても、実際にはどのように必要なのか…わからないという人は多いです。ちゃんと自分自身で必要な理由を知っておかないと、オメガ3を積極的に摂取しよう、という気にもならないと思います。

 

しっかりと体にとってどういういい影響をもたらしてくれるのか、知っておきましょう。

 

血流をよくしてくれる

 

オメガ3脂肪酸の働きとして、一番大きいのは血流の改善です。血流がいいと、体にとってはいいことばかりです。オメガ3が対内に取り込まれると、血液そのものをサラサラに保とうとするだけではなく、血管も柔軟に保ってくれるので、血液を流れやすくし、さらに血液が流れる血管までを元気にしてくれるので、血流がよくなっていきます。

 

血流がいいことは、とにかく体のためになります。予防できる病気もたくさんあるのです。

 

血流の改善こそが、オメガ3脂肪酸の最大の効果であり、体内での働きではないでしょうか。

 

脳細胞も活性化

 

脳細胞は、子供の頃に急成長します。そのため、子供にもオメガ3脂肪酸が必要といわれています。しかし、大人も同様です。オメガ3脂肪酸にはDHAという成分がありますが、このDHAが、脳内にある神経成長因子を増やしてくれる、といわれています。そのため、脳が老化する年齢にさしかかったときには、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取するといいでしょう。

 

脳の老化により起こるといわれているアルツハイマーの予防などにも、オメガ3脂肪酸の摂取がおすすめ、とされています。

 

今注目されている、アレルギーの改善効果

 

オメガ3脂肪酸は、アレルギーの改善効果も期待できると話題です。アレルギーで悩んでいる人にとっては、救世主ともいえるでしょう。

 

外からアレルギー物質が体内に入ったとき、そのアレルギー物質から体を守ろうと、抗体が頑張って働きます。この働きが、いわゆるアレルギー症状と呼ばれるものです。アレルギー物質を取り込まないようにする、という予防ではなく、アレルギー物質が体内に取り込まれたときに、抗体が過剰に反応しないようにする、ということです。

 

オメガ3が過剰に反応しないように働きかけてくれるので、アレルギーに悩んでいる人にも、積極的に摂取してほしいと思います。

 

オメガ3は、体にとっていいことばかり、ということがわかります。いろいろな成分をたくさん摂取するのもいいですが、オメガ3だけであらゆる症状への効果が期待できるので、健康維持のために毎日摂取することが大切です。

 

オメガ3脂肪酸 サプリメント